一人暮らし 引っ越し 洗濯機

一人暮らしでも洗濯機は必要?

一人暮らしの引っ越しで洗濯機を運ぶには?お勧め引越し一括見積もりサービス

 

毎回コインランドリーを利用しているという方もいるようですが、
近くにコインランドリーがなかったり洗濯するだけなのに
無駄なお金をかけたくないと感じている方は洗濯機を活用しましょう。

 

洗濯機なんてなくても何とかなると思っていたものの、
結果的に必要になって慌てて購入したという方も珍しくありません。

 

一般的に一人暮らしの方の場合、4kg前後のものを使っていることが多いようです。

 

ただ、大きな家電であるため、引っ越しをする際に費用の問題が気になりますよね。
そこで、一人暮らしの引っ越しに関する洗濯機の情報についてご紹介しましょう。

 

洗濯機があっても単身パックは利用できる?

単身パックというのは運べる荷物量が少ない代わりに
格安の料金設定になっているプランのことです。

ただし、一人暮らしの方だったとしても荷物が多い方は選択できません。

 

各業者が専用のコンテナボックスを用意してくれるので、
それに積み込める荷物量ならば選択できるという形になります。
どれくらいのコンテナボックスが用意されているかというのは
業者によって違うのでチェックしてみましょう。

 

ただ、一人暮らしだったとしても洗濯機を使っているという方がほとんどであるため、
単身パックでは洗濯機も荷物に含むことを前提としています。

 

例えば、日本通運で運べる単身パックの荷物量はどれくらいになっているのかというと、
2ドア冷蔵庫、4キロ、20インチ程度の薄型テレビ、小さめのテレビ台、電子レンジ、
掃除機、3段カラーボックス、衣裳ケース、姿見、布団、
日通で用意してくれるMサイズの段ボール5個という形になっています。

 

自分の荷物量もそれくらいであるという場合には単身パックから検討してみましょう。

 

一人暮らしの引っ越しでよくあるトラブル

使っている洗濯機が大きい方の場合、注意が必要です。
前の住居で使っていた大型の洗濯機を新居に持っていたものの、
大きすぎて洗濯置き場に収まらなかったというケースがあります。

 

例えば、実家暮らしをしていたものの、実家で使っていた洗濯機が不要になり、
自分が一人暮らしをする際に持って行っていいことになった!
となれば洗濯機の購入費用が浮くので大助かりではありますが、
大きな洗濯機を運ぶ場合には単身パックが利用できないので
通常プランを選択することになるでしょう。

 

すると、どうしても引っ越し費用が高めになってしまいますよね。
せっかく高い費用をかけて運んだのに新居で多くスペースがなかった
ということになると今度は運び出しの手間などもかかってしまいます。

 

そのまま廃棄する場合は引っ越し業者が引き取ってくれる場合もありますが、
処分費用がかかるので注意しておきましょう。

 

一人暮らしの引っ越しで洗濯機を運ぶには?お勧め引越し一括見積もりサービス

 

引っ越し後に洗濯機を購入するのもおすすめ

現在実家暮らしで家具や家電は一人暮らしの引っ越しを始めてから
まとめて準備しようと思っている方は引っ越しが完了してから
引っ越し先で洗濯機を探すのがおすすめです。

引っ越し前に買っておくと引っ越し業者に支払う費用が
高くなるので注意してくださいね。

また、それほどこだわりがないのであれば中古の洗濯機を購入するのもおすすめです。
リサイクルショップのほか、オークションでも格安の洗濯機が出品されています。

 

大きな布団などを洗うこともあるかもしれない…と思って
一人暮らしではめったに使わないような大容量の洗濯機を購入する方もいますが、
大きな洗濯物が出た際にはその時だけコインランドリーを使うのがおすすめです。

 

それから、引っ越しシーズンなどは多くの家電量販店で
一人暮らし用のセットとして冷蔵庫と洗濯機、電子レンジなどがセットになった
お得な商品を販売するところが増えてくるのでそういったものもチェックしてみましょう。

 

洗濯機を安く運んでくれる業者は?

いくら一人暮らしだとしても引っ越しの料金は
数千円で済ませられるわけではありません。

単身パックを利用できたとしても10,000円以上の費用がかかるわけですが、
業者によって料金は大きく異なります。

 

もしも単身パックが利用できないということになると30,000円以上の
費用がかかることも考えられるので、安い業者を探しましょう。
業者を探す際のポイントは実際に仮見積もりを取ってみるということ。

 

各業者がホームページなどでモデルケースを紹介していますが、
人によって条件などは異なるため、モデルケースの金額は参考にはなりません。
安い業者を探すためにはできるだけ多くの引っ越し業者から
仮見積もりを取るのがポイントです。

 

面倒に感じてしまうかもしれませんが、
無料で利用できる一括見積もりサービスを使えば
1社に対して見積もりをするのと同じ手間で
多くの業者に見積もりを依頼できるのでチェックしてみてくださいね。

 

各業者から届いた仮見積もりを比較すれば
どの業者が高くてどの業者が安いのか一目でわかります。
必ずしも大手の方が安いとは限らないのでしっかり比較をして安い業者を探してみましょう。

 

一人暮らしの引っ越しで洗濯機を運ぶには?お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。